So-net無料ブログ作成

「想定外」を一蹴したIAEA最終報告書と多くのマスコミの無視 [経済政策]

今日は、「想定外」を一蹴したIAEA最終報告書と多くのマスコミの無視について取上げよう。
国際原子力機関(IAEA)は、福島第一原発事故についての最終報告書をまとめた。6月の理事会で議論した上で、9月に公表予定。
現段階では公式に発表されたものではないとはいえ、そのニュースバリューは極めて大きい筈である。しかし、これを25日の共同通信社がスクープし、東京新聞やいくつかの地方新聞が報じただけだった。27日になって朝日新聞がようやく「災害・事故の備え「不十分」 IAEAの東電事故報告書」と題して報道。そのポイントは概ね以下の通り。
・IAEA事務局長の天野之弥氏は冒頭で「大震災と一緒に原発事故が起こることへの備えが不十分だった。事故の要因のいくつかは日本特有のものではない。教訓を明らかにし、問い続けることが安全文化のカギになる」としている
・地震や津波について十分な検討がなされていなかった。震災前、福島沖でマグニチュード8・3の地震が起きれば津波が高さ15メートル程度となると試算されていたにもかかわらず、東電は措置をとらず、当時の原子力安全・保安院もすぐには求めなかった
・複数の炉が同時に電源や冷却機能を失うことを想定していなかった。東電は過酷事故時の対応手順はまとめていたが、運転員は悪化していく原発の状態に対応できる適切な訓練を受けておらず、機器も不十分だった
・日本の原子力安全規制などについても、安全評価や過酷事故への対応といった分野で、基準や指針が国際的な慣行などに沿っていなかった
・避難などの緊急時の住民防護について、事故当時は原子力事故と大規模な自然災害の同時発生を想定した備えがなかった
http://digital.asahi.com/articles/ASH5X5RQ3H5XULBJ00K.html?_requesturl=articles%2FASH5X5RQ3H5XULBJ00K.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH5X5RQ3H5XULBJ00K

この最終報告書自体をより詳しく、かつ批判的に報じたものに、5月28日付けで放射線防護に関する市民科学者国際会議が発表した「グリーンピースがIAEAの未発表「福島第一原発事故レポート」を独占入手・Webで公開」がある。そのポイントは概ね以下の通り。
・レポート内容を精査したグリーンピースの国際エネルギーチームは、原発を推進する立場のIAEAが、原発に対する信頼回復を狙った「アリバイ」的なレポートに過ぎないと結論づけ、天野事務局長に対し、この評価レポートの大幅な修正を求めている
・例えば、IAEAレポートでは福島第一原発から放出されている放射性物質の総量についての理解は未だに不完全であり、福島県の人々の被曝量についても不明確であるとしている
・結論として、認識できる健康影響がでることは予想していないとしている。また、福島第一原発事故が引き起こした陸域の放射能汚染規模、範囲、複雑さについて十分に評価せず、科学的な根拠を示さないまま、生物相への影響についても否定。いずれも希望的観測が含まれていると言える
・IAEAの目的は原発の推進であり、今回のレポートも原発事故を過小評価する戦略の一つにすぎない
・ 東京電力や日本政府の安全神話を批判しているが、IAEAも、その原発に対する安全神話を改めるべき
http://csrp.jp/posts/2249

IAEA事務局長の天野之弥氏は、外務省出身。下記のウィキペディアによれば、米国のIAEA担当大使に対し、「高官人事からイランの核兵器開発疑惑まで、あらゆる戦略的な重要決定について、断固として米側に立つ」と表明。福島第一原発事故に伴う各国の「脱原発」への路線変更に対し、「原発が安定したクリーンなエネルギーだという事実は変わらない」と指摘。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E9%87%8E%E4%B9%8B%E5%BC%A5
今回の不自然な「公表」の背景には、天野氏としては、日本政府や東電に対する批判は出来る限り抑えようとはしたが、完全に払拭することは無理とみて、日本の経済産業省などとも相談の上、公表のタイミングを原発再稼働の方向性が固まるまで引き延ばした可能性がありそうだ。日本のメディアの多くもそれに従って無視したのではなかろうか。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

天覧山

IAEAの報告書をWebで入手、読み始めました。
第1冊の10ページほどを読んだところですが、津波被害で非常用電源が壊れたことに主因を求めた報告だと理解しました。原発再稼働は津波被害が無さそうな川内原発から始めていますので経産省とすり合わせをしたとするあなたの指摘は誤っていないと思います。
by 天覧山 (2015-09-06 22:13) 

tr232238

天覧山さん、コメント、ありがとうございます。
川内原発は、津波被害は無くても、桜島火山噴火で、全電源喪失するリスクは高いことは、完全に度外視されているのが心配です。
岩崎敬介
by tr232238 (2015-09-19 22:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0