So-net無料ブログ作成

「闇営業」(その2)(「吉本・芸人・テレビ局 君ら『全員アウト』やで」元経済ヤクザ語る、小田嶋氏:「闇営業」の本筋はそこじゃない) [社会]

昨日に続いて、「闇営業」(その2)(「吉本・芸人・テレビ局 君ら『全員アウト』やで」元経済ヤクザ語る、小田嶋氏:「闇営業」の本筋はそこじゃない)を取上げよう。

先ずは、7月24日付けダイヤモンド・オンラインが掲載した元経済ヤクザの猫組長へのインタビュー「「吉本・芸人・テレビ局、君ら『全員アウト』やで」元経済ヤクザ語る」を紹介しよう。
https://diamond.jp/articles/-/209804?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor&utm_content=free
・『吉本興業の所属芸人が、振り込め詐欺集団のパーティーに出て金銭を受け取った、いわゆる闇営業問題。「パワハラ経営者vs同情すべき芸人とその仲間たち」という構図のもとに、衆目の中で進行する劇場型不祥事だ。 しかし事態の展開に違和感を覚える向きも多いだろう。発端は宮迫博之氏、田村亮氏ら芸人が、反社会的勢力から金銭を受領したことだ。素性を事前に知っていようといまいと、結果として犯罪集団から大金を得る副業をしたなら、普通の会社員であれば懲戒解雇にもなりかねない。吉本は芸人を社員として雇用してはいないが、社会的責任を負う大企業として、関係者の不正行為に厳正に対処する義務がある。それが涙混じりの感情論にすり替わっているとは、議論の逸脱も甚だしい。 この脱線ぶりに対し、「芸人も吉本もテレビ局も、関係者は全員アウトや」と喝破するのは猫組長氏。山口組系二次団体で長く幹部をつとめ、反社の世界を熟知している。アウトサイダーの問題を見る角度は、意外なほどに「超真っ当」だった』、「吉本は芸人を社員として雇用してはいないが、社会的責任を負う大企業として、関係者の不正行為に厳正に対処する義務がある。それが涙混じりの感情論にすり替わっているとは、議論の逸脱も甚だしい」、正論で、今後の議論が興味深そうだ。
・反社の宴席、芸人への謝礼は 若手なら20万円が相場だった  吉本の岡本昭彦社長は22日の会見で、宮迫氏の契約解除など芸人への処分を撤回しましたよね。あれは非常にまずい。まず多くの芸人が、「結局のところ、何でもありや」と勘違いする。「変なところからお金をもらっても、契約解除にはならんのや」と増長する。ガバナンスも何もあったもんじゃない。 それから今回の事態は、反社がじっと見ていることを忘れてはいけない。当事者の詐欺集団だけじゃないですよ。芸人やタレントと付き合いのある奴らはみんな、「こういうふうに劇場型にすれば、世論を誘導できるのか。企業を思う通りに動かせるのか」と学習しています。芸能と関係がなくても、世論を誘導すれば金儲けに繋がることは多いしね。吉本の経営は、絶対に毅然とした態度をとらなあかんのです。 岡本社長は反社との関係について、「すべての取引先をチェックしている」と言ったけれど、吉本と暴力団の長い付き合いを振り返れば、どの口が言うとんねん、って話です。 過去にも吉本の大物芸人である島田紳助氏や中田カウス氏の暴力団との交際が問題になったことを、覚えているでしょう? 僕は山口組系の一員として関西で活動していたわけですが、あちらでは吉本の芸人っていうのは宴席があるごとに呼ぶ身近な存在でした。若手だったら10万~20万円、ちょっと名の通った芸人だったら50万円ぐらいを足代などの名目で渡します。もちろん取っ払い(その場で現金で手渡しするお金)です。芸人にしたら、1~2時間いるだけで結構な額がもらえるから、ホイホイ来ました。 そういう時はね、こっちがどういう人間かを事前に伝えておきます。「こういう人たちの宴会だから、ゆめゆめ失礼のないように」って。だって宴会に来てから「ヤクザだなんて知らなかった」とゴネて帰られたり、後から警察にタレこまれたりしたら困るでしょう? そもそも長い付き合いの芸人も多いし、こっちの身分を分からんと来ている人なんかいませんでしたよ。だいたい、そんな短時間でいいお金がもらえること自体、普通の人の集まりじゃないって分かるでしょうに。 ただ、僕らの世界では写真なんか簡単に撮らせません。ヤクザの宴席に芸人が出ていることが社会にバレたら、呼んだ方も出た方もお互い迷惑がかかるから。本当に親密な間柄での記念撮影を少しやるぐらいで、それが外部に流出するのも、内輪の抗争などそれなりの背景があってです。今回みたいに、あっちこっちから写真や動画が出てくること自体、ほとんどガバナンスの効いていない、得体の知れない集団だった証左です』、「「こういうふうに劇場型にすれば、世論を誘導できるのか。企業を思う通りに動かせるのか」と学習しています・・・吉本の経営は、絶対に毅然とした態度をとらなあかんのです」、「岡本社長は反社との関係について、「すべての取引先をチェックしている」と言ったけれど、吉本と暴力団の長い付き合いを振り返れば、どの口が言うとんねん、って話です」、などというのは、さすが元ヤクザならではの深い見方だ。
・『首相も担ぐ吉本は「政治銘柄」 国際問題に発展しうる  そういう半グレみたいな集団でも、反社は反社。そして今回の関係者は、反社の問題をあまりに軽視し過ぎている。僕は反社として締め付けられてきた立場として、国内外の社会がどれだけ厳しいか身にしみて感じてきました。 国内においてはここ10年、暴力団排除条例(暴排条例)が全都道府県にでき、あらゆるビジネスや付き合いが封じられてきました。この流れの中で、芸人やタレントとも昔ほど深く付き合わなくなりました。宴会を開こうにも店も借りにくいようなご時世で、ヤクザにとっては派手な宴会を開いて目立つこと自体がリスク。いかに目立たないかが非常に大事になっているんです。 そして国際的には、AML/CFT(マネーローンダリング・テロ資金供与対策)ほどシビアなものはありません。IMF(国際通貨基金)などあらゆる国際機関は、テロ組織やマフィア、ヤクザだけでなく、振り込め詐欺みたいな犯罪行為に絡む金融取引を、極めて強い意思のもとに排除しています。日本はそういう国際機関から、「対策が手ぬるい」と度々言われてきた国なんです。 吉本は教育事業など行政案件に進出しているでしょう。あまつさえ、安倍晋三首相を新喜劇の舞台に立たせて、政府との関係が深い。そういう影響力の大きい企業が、反社リスクを抱えているわけです。今回の吉本の問題も、国際問題に発展するリスクがあると思いませんか。 そしてもっと深刻なのは、これほどのグレーさを露呈した吉本とテレビ局との関係が、相変わらず密接なままという点です。テレビ局は吉本にとって株主であり、芸人を番組に出してくれる顧客でもある。一方でテレビ局は上場企業で、何よりも総務省の許認可を受けて事業を行う公器であり、社会的責任は極めて大きい。一般企業の感覚なら今回の問題を受けて、「吉本の芸人である以上、反社リスクが存在する。この恐れが拭えない限り、吉本の芸人は使えない。吉本との資本関係も見直す余地がある」と判断するのが普通。さもなくば他の取引先と自社の株主が許さない。 にもかかわらずテレビ局は現時点でも、吉本の芸人を番組に起用し続けているばかりか、闇営業問題を取り上げた番組でコメントまでさせている。芸人やキャスターが反社の問題に切り込むことはなく、「パワハラ体質の吉本と芸人との間の感情的な内輪もめ」に議論を終始させています。これは恣意的なストーリー作りとちゃうのん、と僕は思う。 テレビ局にとって、吉本は安価な芸人の供給源であり、これを抜きにしては日々の番組が成り立たない。完全に吉本に依存しているわけです。同じようにテレビ局が依存する対象としてジャニーズ事務所があります。先日、ジャニー喜多川氏が亡くなった際にはほとんど報道統制が敷かれたような状態で、過去の色んなスキャンダルは一切触れられない異様さだった。でもジャニーズにまだ救いがあるのは、あの会社は反社に対してはびっくりするぐらい潔癖ということ。非常に守りが堅く、僕らがアプローチしても一切受け入れなかった。ここは吉本と根本的に違う。吉本と密接なテレビ局各社は少なくとも、問題に対してどういう姿勢で臨むのか公式見解を示すべきだが、そういう動きは今のところ皆無』、「今回の吉本の問題も、国際問題に発展するリスクがある」、というのは、マネロンなどを監視する国際的組織が、今年、日本に査察に来る予定。もともと日本は、「「対策が手ぬるい」と度々言われてきた国」だけに、政府までが吉本支援の姿勢を示したことで、大きく問題視されるリスクがあろう。さすが、経済ヤクザだけあって、指摘も専門的だ。
・『テレビ局は株主の責任果たせ さもなくば共犯者の誹り受ける  結局今回の問題では誰も、「やるべきこと」をやっていない。宮迫氏ら芸人は問題が発覚した時点で、「お金をもらいました」と正直に吉本に報告するべきだった。そうすれば謝罪会見が開かれ、番組を降板して謹慎するぐらいで済んだんじゃないの。 吉本の経営陣は、芸人との間で業務内容を明文化する契約を結び、その中で反社との取り引きを禁ずる条項を盛り込まなければならない。それがない限り、反社チェックなんて不可能でしょう。芸人と反社の関係を見て見ぬ振りしているようなもんですよ。 そしてテレビ局は、株主として吉本の行動をきちんと監視し、議決権行使などの形で是正を求めるべき。「明確な対策を講じない限り、おたくの芸人・タレントは起用しません」と通告し、さもなくば資本提携を解消すると言うべき。銀行や一般企業など、吉本の他の株主は早晩そういう行動を取るでしょうね。そういう中で、テレビ局だけが厳正に対処せず、番組でも芸人を起用し続けたなら、それはもう彼らも問題の共犯者としてアウトやね』、「テレビ局は、株主として吉本の行動をきちんと監視し、議決権行使などの形で是正を求めるべき」、という厳しい指摘はその通りだ。一般のジャーナリストとは違った視点が、大いに参考になった。

次に、コラムニストの小田嶋 隆氏が6月28日付け日経ビジネスオンラインに寄稿した「「闇営業」の本筋はそこじゃない」を紹介しよう。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00116/00028/
・『「闇営業」という言葉は、いつ頃からメディアで使われるようになったのだろうか。 この耳慣れない言葉は、誰によって発明され、どんな分野で市民権を得て、いかなるタイミングで新聞の紙面で使われるまでに成長したのだろうか。 職業柄、この種の新語には敏感なつもりでいるのだが、不覚なことに、私はこの言葉を、つい3日ほど前までまったく知らなかった。 この関係のニュースを知ったのは、ツイッターのタイムライン上に、スポニチの記事へのリンクが張られたからだ。 ところが、吉本興業所属の芸人などによる「闇営業」の顛末を伝える記事へのリンクは、その日のうちに、突如として削除される。 ニュースに反応していたアカウントのツイートは、当然、リンク切れになる。 かくして、この種のなりゆきにセンシティブなニュースウオッチャーたちが騒ぎはじめる。「なんだ?」「どういうことだ?」「どうしていきなり削除してるんだ?」「圧力か?」 ほどなく、SNS上のざわざわした空気を察知して、ハフポストが、この間の経緯を取材した記事をアップする。こういうところはさすがにネットメディアならではの機敏さだ。 さて、吉本興業は、当初、ハフポストの取材に対して、スポニチの記事が「誤報」だという趣旨の回答を提供した。 であるから、ハフポストも、第一報の段階では、その吉本興業のコメントに沿った(つまり、スポニチが誤報を配信して削除したというストーリー)内容で記事を配信している。 しかし、ほどなく、ハフポストの記事は、見出しの末尾に 【UPDATE】という但し書きを付けた改訂版に差し替えられる。 私は、失笑せずにおれなかった。というのもこの【UPDATE】なる英語は、翻訳すれば【ごめん。さっきまでの記事は誤報だった。こっちが正解。ごめんごめん】ということになるからだ。まあ、こんなふうに悪びれもせずにさらりと訂正記事を出せてしまうところが、ネットメディアのある種のたくましさなのだろう。立派だとは思わないが、リアルな態度だとは思う。 もっとも、ハフポストの「誤報」は、彼らの文責によるものではない。吉本興業による「フェイク情報」をそのまま流してしまったカタチだ。してみると、この【UPDATE】案件の主たる説明責任は、あくまでも吉本興業に帰されなければならない。 けれども、吉本興業は謝罪をしない。釈明しようとした形跡すら皆無だ。 ハフポストの【UPDATE】版の記事には《吉本興業は当初、誤報として否定していたが、その後公式に発表した。》とだけ書いてある。 「ん? それだけか?」 というのが、普通のメディアリテラシーを備えたまっとうな読者の反応だと思う。 だって、ヒトサマの書いた記事を「誤報」と決めつけておきながら、一言のあいさつもないというのは、社会的影響力の大きい企業としてありえない態度ではないか』、吉本興業はエンターテイメント業界の雄として、メディア業界にも属していながら、こうした尊大な姿勢には首を傾げざるを得ない。
・『さて、ハフポストの取材に答え直して間もなく、吉本興業は、自身のホームページ上で所属タレントの謹慎処分を伝えるプレスリリースを掲載している。 ところが、その告知のプレスリリースを、これまたなんの前触れもなくいきなり削除した後、数時間後に再アップするというドタバタを演じている。 しかも、そのみっともないドタバタについても、毛ほども説明していない。 なんだろうこれは。 いったいいかなる愚かな背景が、この業界をあげての混乱を演出せしめているのであろうか。 本来、私は、芸能界の出来事には興味を持っていないのだが、では軽視しているのかというと、最近はそんなこともない。告白すれば、私は、最近になってようやく、芸能界で起こる事件の重要さに気づいた次第で、それゆえ、長らく、エンターテインメントの世界で起こる出来事をバカにしてきたことを反省している。 芸能界は、われわれの鏡だ。 エンターテインメントの世界で観察される人間関係の封建性と業界体質の旧弊さは、そのまま私たちが暮らしているリアルな社会の封建性と閉鎖性を反映している。こんな当たり前のことに、いまさらのように私が気づいたのは、島田紳助氏の引退に前後したすったもんだや、能年玲奈さんの芸名をめぐる一連の騒動や、SMAP解散に至る顛末について原稿を書くべく、ここ数年、各方面の記事や書籍を収集し、それらの資料をいやいやながら読み続けてきたからだ。 仕事じゃなかったら、とてもではないが、あんな膨大でしかも質の低い文章の山は読みこなせない』、「エンターテインメントの世界で観察される人間関係の封建性と業界体質の旧弊さは、そのまま私たちが暮らしているリアルな社会の封建性と閉鎖性を反映している」、との鋭い指摘はその通りなのかも知れない。
・『仕事のありがたさは、実に、こういうところにある。 つまり、仕事として関わりを持つからこそ、本来ならまるでハナもひっかけないような愚劣な分野に関して、およそひと通りの知識や感触を得ることが可能になるということだ。 今回の事件も、詳細を追えば追うほど、徹頭徹尾、実にくだらないなりゆきなのだが、そういうふうに愚劣で低劣で陋劣であるからこそ、この種の逸脱事案は、われらパンピー(注)にとって重要な教訓を含んでいたりもするわけで、つまり、この事件の登場人物たちは、誰も彼も、一から十まで、実にどうしようもない日本のチンピラなのである。 さて、冒頭の疑問に戻る。 「闇営業」とは何だろうか。 この言葉を知らなかった私が最初に文字面から類推したのは、 「つまり、アレか? 闇世界の人間のための芸能活動ってことか?」ということだった。 これは実にありそうな話だ。 そもそも、はるか昔の戦前の日本にさかのぼれば、歌にせよ舞踏にせよ語り芸でせよ、不特定多数の観客を相手に娯楽を提供する芸能の仕事は、地域や業界ごとの縄張りを管理する任侠の人間や旅芸人を差配するタカマチの人々やその関係者たちと切っても切れない、渡世人の生業(なりわい)だった。 それが悪いと言っているのではない。 起源をたどっていけば、芸能と暴力団は同じ根っこから発展した別の枝だという意味のことを私は言っている。 是非を言っているのではない。私は、成り立ちの話をしている』、「起源をたどっていけば、芸能と暴力団は同じ根っこから発展した別の枝だ」、言われてみれば、その通りなのかも知れない。
(注)パンビーとは、一般人のこと。1970年代の流行語で、現在はあまり使われない(Wikipedia)
・『だから、芸能界で「闇営業」という言葉が使われた場合、それは、ある種の先祖返りの中で、暴力団の仲介を得た芸能活動が展開され得るという、ごく自然な推理を述べたまでのことだ。 実際、裏世界の人間は芸能を好む。 芸能界で暮らしている人々の中にも、任侠の世界への親近感を隠さない人々が少なからず含まれている。 とすれば、「闇営業」は、「ヤの字の人々からのお呼ばれ」のことなのだろうなと考えるのは決して無理な連想ではない。 ところがどっこい、「闇営業」は、単に「事務所を通さない仕事」であるらしい。 なんという膝カックン案件であろうか。 私が知っている範囲では、昔から同じ意味で使われていた言葉に「取っ払い」というのがある。 20年ほど前までは、吉本興業所属の芸人の中にも、この「取っ払い」をネタに客を笑わせている連中がいた。 というよりも、つい最近まで、「ヨシモトの搾取構造」「うちの事務所はごっつうカネに汚いでぇ」というのは、ヨシモトの芸人の定番のぶっちゃけネタだった。 「あんたホンマおもろいなあ。ギャラ出したいくらいや」「ほな、そこんとこはとっぱらいでお願いしますわ」「あほか。マネージャーそこにおるやないか」という感じのやりとりを、私が高校生だった頃、誰だったかが演じていた記憶がある。 誰だったかは忘れた。たぶん、もうこの世の人ではないのかもしれない。 その「取っ払い」が「闇営業」と呼ばれるようになったのだな。なるほどね』、「高校生だった頃、誰だったかが演じていた記憶がある」、という小田嶋氏の記憶力には驚かされた。
・『それにしても、いったいどこまで世知辛い話なのだろうか。 ともあれ、その芸人用語で言うところの「取っ払い」は、メディアの人間(あるいは事務所側の人間)の立場から描写すると「闇営業」という用語として21世紀の現代に蘇ったわけだ。 言わんとするところはわかる。 事務所を通して、正式な税務処理やマネジメント料を発生させることなく、中間マージンを排したカタチで、顧客から直接に現金を受け取ることは、会社員のモラルとしても、所得税を支払う国民の納税感覚からしても「闇」の仕事と考えられる。だから「闇営業」と呼ぶ。その意味ではスジが通っている。 しかしながら、今回のカラテカ入江や宮迫某らの関わった案件を「闇営業事件」という見出しで矮小化してしまうことには、やはり、抵抗を感じる。 少なくとも、ジャーナリズムに関わる人間が、こういう安易な見出しを打つべきではないと思う。 というのも、今回の事件において「闇営業」は、ほんのささいなサブストーリーに過ぎないからだ。 本筋は、あくまでも詐欺犯罪グループとの関わりにある。 だから、あえて見出しをつけるなら、「詐欺忘年会ウェイウェイ事件」「オレオレ詐欺営業インシデント」「犯罪ピンハネ事案」あたりでなければならない』、「「闇営業事件」という見出しで矮小化してしまうことには、やはり、抵抗を感じる」、との本質を突いた指摘はさすがだ。
・『今回の事件を通じて入江や宮迫が犯した過ちを数え上げれば 1.詐欺グループの忘年会に招かれて参加したこと 2.その忘年会で報酬を受け取ったこと 3.吉本興業のマネジメントを通さずにギャランティを受け取ったこと 4.収入を税務署に申告しなかったこと の4点になると思うのだが、スポーツ新聞各紙が見出しに採用しているのは、ここで言う3の「吉本を通さずに営業活動をした」「闇営業」の部分だけだ。 普通に考えて、最悪なのは、1番の「詐欺犯罪グループとの交友と関与」であるはずだ。 報道されているところによれば、忘年会(主催者の誕生会も兼ねていたと言われる)を主催したのは、単に反社会的な団体に属しているというだけでなく、実際に犯罪に手を染めて、その大掛かりな詐欺犯罪を通じて莫大な利益を得ていた人間たちだと言われている。 暴対法が施行されて以来、芸能人は、指定暴力団の関係者と食事を同席しただけでも、業界から追放されかねない流れになっている。 その流れからしたら、現役の犯罪者たちが、その犯罪の看板を隠そうともせずに開催したアゲアゲのパーティーに同席したのみならず、報酬まで受け取っていたわけだから、これは完全にアウトだ。経緯を考えれば謹慎で済むような話ですらない。一発レッドの永久追放案件だろう。 社会的影響力の大きい著名人や芸能人は、犯罪集団に利用されやすい。 そのことを思えば、宮迫某らの最大の罪は、そもそも犯罪集団と関わりを持ったことそれ自体である』、説得力溢れた指摘だ。
・『もちろん脱税もけしからぬことだし、事務所を通さないで仕事を取ったこともほめられたことではない。 ところが、芸能メディアは「事務所を通さなかったこと」こそが最大の汚点だったかのような見出しでこの事件を総括しようとしている。 どこまで目玉が曇っているのだろうか。 事務所を通すとか通さないとかのお話は、芸能界という結界の中だけでモノを言っている、インサイダーの掟に過ぎない。 であるからして、事務所を通さなかったことは、事務所内で内々に処理すれば足りる、「社員の副業禁止違反」だとか「出張旅費の過剰申告」だとかとそんなに変わらない、会社員の逸脱に過ぎない。 引き比べて、犯罪組織や犯罪者との交友や取引は、明白な犯罪であり、明らかな反社会的行為だ。 にもかかわらず、芸能記者は、「事務所の内規」や「社員の心構え」や「芸能界の掟」にばかり着目する。 結局、彼ら自身がジャーナリズムとは無縁の、業界内の廊下鳶に過ぎないことを自ら証明したカタチだ。 能年玲奈さんが事務所を辞めて個人事務所を設立したときも、日本の芸能界ならびに芸能マスコミは、たったひとつの例外もなく「業界の掟」「芸能界の仁義」を守る方向で足並みを揃えて見せた。 つまり、彼らは、憲法で保障されている基本的人権や、各種の法律がそれを許している移籍や営業の自由よりも、「昔ながらのしきたり」や「みんなが守っている不文律」や「いわずもがなの合意事項」を遵守する立場を選択したのである。 結局、わが国の芸能マスコミは、御用記者を飼育する役割を果たすばかりで、芸能人の人権を守ることはもちろん、ファンに正しい情報をもたらすことすらできずにいる。 当然、芸能記者と呼ばれる人々も、大手芸能事務所や影響力のあるプロダクションの鼻息をうかがって、提灯持ちの記事を書く日常活動以外では、色恋沙汰のスキャンダルに尾ひれをつけて放流する程度のことしかしていない。 だからこそ彼らは、能年玲奈さんがほかならぬ自分の本名を名乗ることすらできずにいる信じがたい現状を「業界の慣習」の一言で容認してしまえるわけだし、元SMAPの面々があんな不自然なカタチで謝罪芝居を演じさせられたあの場面に関しても、一切ツッコミを入れることができなかった。 今回の事件でもまったく同じだ。 吉本興業のツルの一声であっさりと一度配信した記事を削除したことだけでも、メディアとしてあるまじき恥さらしだと思うのだが、その削除と再アップについて、いまに至るもしかるべき説明していない。 この一点をもってしても、わが国の芸能メディアが、日本のエンターテインメント業界を正常化するための監視装置として機能していないことは明らかではないか。 吉本興業も吉本興業で、まがりなりにも言論機関が自社の文責で配信した記事を、「誤報」であると決めつけておきながら、その件に関して謝罪はおろか、釈明さえしていない。 どうしてこんな無茶が通るのかというと、結局、吉本興業が、ずっと昔からメディア業界において隠然たる(むしろ「顕然たる」と言うべきかもしれない)影響力を発揮しているコワモテの企業だからだ。 「ヨシモトに睨まれたらこの業界ではやっていけない」と、関係者の多くが恐れおののいて、常にその顔色をうかがう存在だからこそ、吉本興業は、手前勝手なプレスリリースを出したり引っ込めたりしつつ、その矛盾点を誰にも指摘さえされずにいることができている』、「事務所を通すとか通さないとかのお話は、芸能界という結界の中だけでモノを言っている、インサイダーの掟に過ぎない・・・引き比べて、犯罪組織や犯罪者との交友や取引は、明白な犯罪であり、明らかな反社会的行為だ。 にもかかわらず、芸能記者は、「事務所の内規」や「社員の心構え」や「芸能界の掟」にばかり着目する。 結局、彼ら自身がジャーナリズムとは無縁の、業界内の廊下鳶に過ぎないことを自ら証明したカタチだ・・・わが国の芸能メディアが、日本のエンターテインメント業界を正常化するための監視装置として機能していないことは明らかではないか」、との芸能記者批判は痛快だ。「どうしてこんな無茶が通るのかというと、結局、吉本興業が、ずっと昔からメディア業界において隠然たる(むしろ「顕然たる」と言うべきかもしれない)影響力を発揮しているコワモテの企業だからだ」、との吉本批判も正論だ。
・『聞けば、吉本興業はNTTと組んで、教育コンテンツを発信するプラットフォーム事業「Laugh & Peace_Mother(ラフアンドピースマザー)powered by NTT Group」を開始する旨を発表したのだそうで、その事業には、海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)が最大100億円まで出資することになっている。 カネと人気と影響力があるだけでなく、官邸との間に太いパイプを持ち、なおかつ万博の顔になることがすでに決まっているコワモテの企業に対して、この先、うちの国のメディアで働く記者たちは、どこまでビビらずに取材を敢行して、どれだけ核心に迫る原稿を書くことができるのだろうか。 私は楽観していない。 芸能マスコミが瀕死であることはすでにわかっている。 してみると、非芸能マスコミの記者さんたちが、まるで別のタイプだとは考えにくい。 詐欺グループの忘年会に出席して 「君の声が力になる 君の笑顔が力になる」という歌を歌った宮迫氏ほどではないにしても、どうせ提灯を持つことになるのではなかろうか。 あるいは、くずの自覚を持っている分だけ、宮迫氏の方がまだマシなのかもしれない』、「万博の顔になることがすでに決まっている」、というのは初めて知った。確かに、こんな強大で「コワモテの」吉本興業に、メディアが立ち向かうのは至難の業だろう。「瀕死」の「芸能マスコミ」だけでなく、「非芸能マスコミの記者さんたちが、まるで別のタイプだとは考えにくい」、というのも残念ながらその通りなのだろう。誰が問題解決に踏み出すのか、大いに注目される。
タグ:日経ビジネスオンライン ダイヤモンド・オンライン 猫組長 小田嶋 隆 「闇営業」 (その2)(「吉本・芸人・テレビ局 君ら『全員アウト』やで」元経済ヤクザ語る、小田嶋氏:「闇営業」の本筋はそこじゃない) 「「吉本・芸人・テレビ局、君ら『全員アウト』やで」元経済ヤクザ語る」 「パワハラ経営者vs同情すべき芸人とその仲間たち」という構図のもとに、衆目の中で進行する劇場型不祥事だ 吉本は芸人を社員として雇用してはいないが、社会的責任を負う大企業として、関係者の不正行為に厳正に対処する義務がある。それが涙混じりの感情論にすり替わっているとは、議論の逸脱も甚だしい 反社の宴席、芸人への謝礼は 若手なら20万円が相場だった 取っ払い 「こういうふうに劇場型にすれば、世論を誘導できるのか。企業を思う通りに動かせるのか」と学習しています 吉本の経営は、絶対に毅然とした態度をとらなあかんのです 岡本社長は反社との関係について、「すべての取引先をチェックしている」と言ったけれど、吉本と暴力団の長い付き合いを振り返れば、どの口が言うとんねん、って話です 首相も担ぐ吉本は「政治銘柄」 国際問題に発展しうる AML/CFT(マネーローンダリング・テロ資金供与対策) 日本はそういう国際機関から、「対策が手ぬるい」と度々言われてきた国 教育事業など行政案件に進出 安倍晋三首相を新喜劇の舞台に立たせて、政府との関係が深い 国際問題に発展するリスクがある もっと深刻なのは、これほどのグレーさを露呈した吉本とテレビ局との関係が、相変わらず密接なままという点 テレビ局は吉本にとって株主であり、芸人を番組に出してくれる顧客でもある テレビ局は上場企業で、何よりも総務省の許認可を受けて事業を行う公器であり、社会的責任は極めて大 芸人やキャスターが反社の問題に切り込むことはなく、「パワハラ体質の吉本と芸人との間の感情的な内輪もめ」に議論を終始させています テレビ局は株主の責任果たせ さもなくば共犯者の誹り受ける 「「闇営業」の本筋はそこじゃない」 ヒトサマの書いた記事を「誤報」と決めつけておきながら、一言のあいさつもないというのは、社会的影響力の大きい企業としてありえない態度 エンターテインメントの世界で観察される人間関係の封建性と業界体質の旧弊さは、そのまま私たちが暮らしているリアルな社会の封建性と閉鎖性を反映している この事件の登場人物たちは、誰も彼も、一から十まで、実にどうしようもない日本のチンピラなのである 起源をたどっていけば、芸能と暴力団は同じ根っこから発展した別の枝だ 「闇営業」は、単に「事務所を通さない仕事」であるらしい 「取っ払い」 今回のカラテカ入江や宮迫某らの関わった案件を「闇営業事件」という見出しで矮小化してしまうことには、やはり、抵抗を感じる 本筋は、あくまでも詐欺犯罪グループとの関わりにある 入江や宮迫が犯した過ち 1.詐欺グループの忘年会に招かれて参加したこと 2.その忘年会で報酬を受け取ったこと 3.吉本興業のマネジメントを通さずにギャランティを受け取ったこと 4.収入を税務署に申告しなかったこと 新聞各紙が見出しに採用しているのは、ここで言う3の「吉本を通さずに営業活動をした」「闇営業」の部分だけ 最悪なのは、1番の「詐欺犯罪グループとの交友と関与」であるはず 現役の犯罪者たちが、その犯罪の看板を隠そうともせずに開催したアゲアゲのパーティーに同席したのみならず、報酬まで受け取っていたわけだから、これは完全にアウトだ。経緯を考えれば謹慎で済むような話ですらない。一発レッドの永久追放案件だろう 事務所を通すとか通さないとかのお話は、芸能界という結界の中だけでモノを言っている、インサイダーの掟に過ぎない 犯罪組織や犯罪者との交友や取引は、明白な犯罪であり、明らかな反社会的行為だ 芸能記者は、「事務所の内規」や「社員の心構え」や「芸能界の掟」にばかり着目する 結局、彼ら自身がジャーナリズムとは無縁の、業界内の廊下鳶に過ぎない 吉本興業が、ずっと昔からメディア業界において隠然たる(むしろ「顕然たる」と言うべきかもしれない)影響力を発揮しているコワモテの企業だからだ NTTと組んで、教育コンテンツを発信するプラットフォーム事業「Laugh & Peace_Mother(ラフアンドピースマザー)powered by NTT Group」を開始 クールジャパン機構)が最大100億円まで出資 万博の顔になることがすでに決まっている
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感